いつもありがとうございます。

【肯定力】で組織のチーム力を強化しています。
ビジネス研修講師の
太田 章代です。

クレームが発生した時の対応を仕方を
クレーム対応研修でお伝えしています。

今日はクレーム対応でやってはいけない5つのことを書きます。

1:謝らない

「お詫び」と「謝罪」は違います。まずは相手を不快にさせたことに「お詫び」をする。

 

2:感情的になる

誠意をもって対応すれば、ピンチをチャンスにすることができます。

 

3:人により差をつける

怒鳴ってくる人を優遇せずに、優しい口調の人にも企業としての姿勢は統一する。

 

4:後まわしにする

迅速な対応を心がけてください。対応が遅いと、新たなクレームを生む可能があります。

 

5:社内の常識を振りかざす

自社の常識は世間の非常識かもしれません。クレームを見直す機会にする。

 

実際にクレームを言ってくる人は 4%

96%は言わないサイレントクレーム

 

知らないうちにお客様からの信頼がなくなり
売上が下がっているかもしれません。

おーーーこわっ

 

常にお客様への気遣い、心配りは忘れないようにしたいですね!

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

お問い合わせは下記フォームよりご連絡ください。

必要事項をご記入のうえ、[送信]をクリックしてください。

お問合せ内容 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス確認用 (必須)

メッセージ本文