いつもありがとうございます。

人材育成事業をしています。
ビジネス研修講師
太田 章代です。

先日行ったフレンチレストランでのことです。

はじめに「今日のお料理をご紹介します」
と言ってコースの内容を結構ガッツリめに
教えてくれました。

友人と
「メイン子羊だって~楽しみだね~(^^♪」
なんて言いながらワクワク♡

さあ!前菜が目の前に

「いただきま~す!」と言おうとしたら
また前菜のお料理説明…
今度は先ほどよりも詳しく説明してくれるのです。

う~~~~~ん
早くいただきたい!

この説明ショートカットして欲しい!
と心の中で叫びながら、最後まで聞きました。

その後も、1品1品 料理説明ながっっっ(´;ω;`)
友人と話しているのに、割って入ってくるし~

場の雰囲気を壊したくないし、友人は聞きたいかもしれないので
「もういいです」と言えませんでした。

そこで気づきました。

私はお料理説明はさらっとが好みだと…

ただ詳しくお料理説明が聞きたい方もいるので
「お料理説明は 詳しく、さらっと、必要ない」
どれがよろしいですか??

と聞いてくれたら一番嬉しい。
でもそれは聞きずらいのかなあ。

お客様が何を求めているか理解していないと、
こちらはサービスだと思っても
お客様は苦痛に感じることがあります。

お客様はお料理説明を聞きに来たわけではなく
会話やお料理を堪能しにきたのです。

そこを一番に考えないと、
独りよがりなサービスになります。

相手が多数の場合は全てのニーズに応えるのは
難しいかもしれません。

しかし、いつも相手のニーズはどこにあるのか考え
臨機応変に行動することが大切です。

型にハマったサービスでは、
お客様に喜んでいただけない可能性があります。

今、あなたがお客様に提供していることや説明の仕方は
本当にお客様が求めていることかを見直してみませんか。

ちなみに「話しが長い」のは
お客様ニーズ関係なく
マイナス印象ですのでご用心を(笑)

お読みいただき、ありがとうございました。

Amazonでもご購入いただけます!
よろしければお読みくださいませ

⇒ 本の予約はこちらから

3%e3%81%ae%e6%b3%95%e5%89%87%e8%a1%a8%e7%b4%993
お読みいただきありがとうございました。

「経営者・リーダー専門」ビジネス研修講師

感動コミュニケーションクラブ主宰 太田章代

今、感コミ通信に無料メルマガ登録すると?

読むだけで(クライアント、社員、家族、親戚・・・)との
コミュニケーション
が劇的に変化する

コミュニケーション7つの秘策レポート

をプレゼント中!!

1、固定概念がコミュニケーションに及ぼす影響とは?
2、相手との相互関係
3、話を聴く態度と姿勢
4、相手に興味を持っていることを示す方法
5、相手が退屈しない為の3つの意識とは?
6、自分の意思を伝えて相手に動いてもらう為には?
7、「聴く」ことの重要性と結果の違い

読むだけでコミュニケーションのポイントがわかる
「コミュニケーション7つの秘策レポート」

今すぐ登録して無料で手にいれる。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

以下にE-mailアドレスを入力し登録ボタンを押してください。