いつもありがとうございます。

人材育成をしています。
ビジネス研修講師
太田 章代です。

本日はクリスマスイブですね~♪

我が家は餃子とピザとチョコケーキ

好きな物をかき集めた感じです!

最近、お店の店員さんに自分の伝えたいことが
伝わらないことが何度かありました。

そのひとつですが、

あるお店にクリスマスブーツのお菓子を
買いに行ったときのことです。

急いでいたので、20代前半らしき女性の店員さんに

「クリスマスブーツはどこにありますか?」

と聞きました。

店員さんは

「はい」と言って小走りに走り出したのです。

これはクリスマスブーツの場所に誘導している?

ついていかなきゃ!

 

私も小走りに後を追いましたが、
店員さんがなかなかの速度で人をすり抜けて走るため
だんだんその距離は開き・・・

でもおかしいぞ

後ろを一度も振り向かないけど・・・

店員さんの後ろ姿がだんだん遠くなり
そのままスタッフルームに消えていくのが
見えました。

なんだ~誘導じゃなくて、誰かに聞きに行ったんだあ

 

急いでいる私

店員さんは一向にスタッフルームから出てこない

どうしよ どうしよ

すみません タイムオーバー
自分で探して購入しました。

 

店員さんにもムダな時間を使わせてしまったし
自分も急いでいるためイラつきぎみ

これを反省してみると

最初から、自分の心にある気持ち

「急いでいるので、クリスマスブーツがある場所がわかれば
教えていただけますか?わからなければ、自分で探します」

と言えばよかったのです。

 

「クリスマスブーツはどこにありますか?」
だけでは、自分の状況なんて店員さんはわかるわけないです。

自分の想いが伝わらないのは、言葉足らずなときが多くあります。

部下や後輩指導にも同じことが言えますね。

いつもよりも3割増しの言葉で伝えないと
言っている意味や想いは伝わらないのです。

そんなことを感じたクリスマスでした。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

Amazonでもご購入いただけます!
よろしければお読みくださいませ

⇒ 本の予約はこちらから

3%e3%81%ae%e6%b3%95%e5%89%87%e8%a1%a8%e7%b4%993
お読みいただきありがとうございました。

「経営者・リーダー専門」ビジネス研修講師

感動コミュニケーションクラブ主宰 太田章代

 

感コミ通信に無料メルマガ登録すると

読むだけで(クライアント、社員、家族、親戚・・・)との
コミュニケーション
が劇的に変化する

コミュニケーション7つの秘策レポート

をプレゼント中!!

1、固定概念がコミュニケーションに及ぼす影響とは?
2、相手との相互関係
3、話を聴く態度と姿勢
4、相手に興味を持っていることを示す方法
5、相手が退屈しない為の3つの意識とは?
6、自分の意思を伝えて相手に動いてもらう為には?
7、「聴く」ことの重要性と結果の違い

読むだけでコミュニケーションのポイントがわかる
「コミュニケーション7つの秘策レポート」
今すぐ登録して無料で手にいれる。

■ 以下にE-mailアドレスを入力し登録ボタンを押してください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓