いつもありがとうございます。

人材育成のプロ
ビジネス研修講師
太田 章代です。

学びの多い秋。

年間でも忙しい時期に
ギックリ腰になってしまいました(´;ω;`)

以前もなったことがありましたが、
やっぱり腰は辛い・・・

イタタタタ~と動くたびに叫んでいました。

みなさんもお気をつけくださいませ。

 

さて、社員教員をする上で

「これは言った方がいいかな」

「これは言わない方がいいかな」

と迷うことはありませんか?

 

私は今でもあります。

「髪の毛が茶色過ぎるけど、これは私の感覚なのかな。
言おうか言わない方がいいか・・・」

迷ったときは、言い方を考えるようにしています。

 

人は自分では気づかないことがたくさんあります。

伝えることが優しさ。
部下のためになると思ったことは伝えてください。

 

でも伝えるときの言い方があるのです。

「髪の毛が茶色すぎて社会人失格だよ」

だと相手を否定しています。

「お客様は年上が多いので、髪の毛はもう少し黒い方が
みなさんに好感を持たれますよ。」

いかがですか?

後者の方が、自分のためを思って言ってくれている
感じがしませんか?

 

指導するときに、自分の感情をぶつけしまうと
部下は「怒られている」感覚になります。

部下の成長を願っての指導に
部下は「叱られている」感覚になります。

そして、のちのち指導してくれて
「ありがとうございました」という感謝の気持ちになるのです。

 

自分のために言ってくれていることがわかると、
上司に対しての信頼度があがります。

くれぐれも、感情的にならずに何と言ったらいいのか
考えてから指導してくださいませ。

私も気をつけます!

「ほめる」もどんどんしていきましょうね!

 

お読みいただきありがとうございました。

「経営者・リーダー専門」ビジネス研修講師

感動コミュニケーションクラブ主宰 太田章代

 

感コミ通信に無料メルマガ登録すると

読むだけで(クライアント、社員、家族、親戚・・・)との
コミュニケーション
が劇的に変化する

コミュニケーション7つの秘策レポート

をプレゼント中!!

1、固定概念がコミュニケーションに及ぼす影響とは?
2、相手との相互関係
3、話を聴く態度と姿勢
4、相手に興味を持っていることを示す方法
5、相手が退屈しない為の3つの意識とは?
6、自分の意思を伝えて相手に動いてもらう為には?
7、「聴く」ことの重要性と結果の違い

読むだけでコミュニケーションのポイントがわかる
「コミュニケーション7つの秘策レポート」
今すぐ登録して無料で手にいれる。

■ 以下にE-mailアドレスを入力し登録ボタンを押してください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓