いつもありがとうございます。

人材育成のプロ
ビジネス研修講師

太田 章代です。

私は仕事柄、新入社員から50代の管理職の
本音を耳にすることがあります。

今日はその中でよく聞く言葉のひとつ

「自分でやった方が早いんだよね」

について書きたいと思います。

 

「自分でやった方が早い」

そりゃそうですよね!

だから上司になっているわけだし

経験も自分の方が豊富だと思います。

 

ある管理職の方が、

この言葉を口にしていました。

「部下に何の仕事を振っていいか

わからないし、部下に教えるのも時間が

かかるし・・・

自分がやった方が早いんですよね」

 

ちょっとまって~~

管理職がNGな行動

「一人勝ち」

「一人占め」

していませんか??

 

仕事ができる人にありがちですが、

自分の仕事を人に振れない

チーム(組織)の中で、

自分だけ勝ち組になって

いませんか??

 

私も管理職時代に上司から

「部下が売上をあげられる指導をしなさい」

「自分だけで仕事を回そうとするな」

と、よく注意をされていました。

 

その頃の私はまだ本当の意味で

管理職になりきれていなかったので、

自分の売上を部下に落としていくことに

抵抗がありました。

 

自分の売上をあげることを中心に考えていたのです。

 

管理職失格~~(´;ω;`)

 

リーダーにとって自分の仕事はできて当り前。

会社が一番欲しい人材は

人を育てることができる人です。

 

人が育たないと当然企業は衰退していきます。

人が育たないと存続できません。

 

人材育成は管理職にとって

最も重要な仕事なのです。

 

部下が自分と同じ仕事をすると

「何でこんなに時間がかかるんだろう・・・」

「効率が悪いなあ・・・」

とイライラしていませんか?

 

会社の将来のことを考えて

そこはグッと我慢して

部下に仕事を振ってみませんか。

体験しないと成長もできません。

 

どんどん新しい仕事を体験させて

あげてください。

仕事を抱え過ぎていると

自分もずっと大変なままですよ!

 

管理職は常に先を読んで

3年、5年、10年後の組織の姿を

想像してみてくださいね。

 

お読みいただきありがとうございました。

「経営者・リーダー専門」ビジネス研修講師

感動コミュニケーションクラブ主宰 太田章代

 

感コミ通信に無料メルマガ登録すると

読むだけで(クライアント、社員、家族、親戚・・・)との
コミュニケーション
が劇的に変化する

コミュニケーション7つの秘策レポート

をプレゼント中!!

1、固定概念がコミュニケーションに及ぼす影響とは?
2、相手との相互関係
3、話を聴く態度と姿勢
4、相手に興味を持っていることを示す方法
5、相手が退屈しない為の3つの意識とは?
6、自分の意思を伝えて相手に動いてもらう為には?
7、「聴く」ことの重要性と結果の違い

読むだけでコミュニケーションのポイントがわかる
「コミュニケーション7つの秘策レポート」
今すぐ登録して無料で手にいれる。

■ 以下にE-mailアドレスを入力し登録ボタンを押してください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓






◆◆◆Amazonで購入できます◆◆◆

⇒ 本のご注文はコチラ