いつもありがとうございます。
人材育成のプロ
ビジネス研修講師
太田 章代です。
「ありがとう」
の語源は「有り難し(ありがたし)」
有ることが難しいという意味で
「滅多にない」
「珍しくて貴重だ」
という意味をあらわしています。

banner

子どもの頃
人から物をもらったら
「ありがとう」
人に助けてもらったら
「ありがとう」
を言うんだよ!!

 

なんて両親から躾された方も
多いのではないでしょうか。

 

大人の世界では「ありがとう」
を伝える
幅が広がりますね。

 

それは相手に対しての気遣いの
「ありがとう」が入ってくるからです。
気遣いの「ありがとう」に
言葉をチェンジした方がよい場面を
3つご紹介します!

 

1つめ・・・

「すみません」を「ありがとう」
に変える

「すみません」が口癖になっている人は
多いものです。
電話を切る時に
「すみません、失礼します」
と言っている営業マンがいました。

 

謝る必要がないところで
「すみません」を連発すると
頼りない印象を持たれます。

 

エレベーターでボタンを押して
先におろしてくれた時に
何と言っていますか?

 

相手は好意でしてくれているので、
「すみません」ではなく
「ありがとう」の方が嬉しいですね!

 

2つめ・・・

「そんなことない」を「ありがとう」
に変える

褒められたときに
「そんなことないです~」
と謙遜したくなる気持ちは分かります。
しかし相手の気持ちを否定している
ように捉えかねません。

 

ワタクシ先日、実際体験しました。
お世辞抜きで
「素敵ですね~」
と褒めたら
「いや、そんなことないです」と。
否定された感じがしました。

 

照れて悪気なくの発言だと
分かっていても嫌な気持ちに・・・

 

「ありがとう」と
相手の気持ちを喜んで受け止めましょう。

 

3つめ・・・

「大丈夫です」を「ありがとう」
に変える

「書類の整理、手伝います」と言われ
「大丈夫です」だけ返していませんか?
相手の気遣いを拒絶している印象です。

 

気遣いで言った相手は、
余計なお世話にだったかな?と
嫌な気持ちになることもあります。

 

断るなら
「ありがとう。」と
相手の気持ちを受け止めてから
断りましょう。

 

 ちょっとしたことですが、
相手への印象は良くなりますよ!
ぜひ活用してみてくださいね♡
お読みいただきありがとうございました。
「経営者・リーダー専門」ビジネス研修講師
感動コミュニケーションクラブ主宰 太田章代

 

感コミ通信に無料メルマガ登録すると

読むだけで(クライアント、社員、家族、親戚・・・)との
コミュニケーション
が劇的に変化する

コミュニケーション7つの秘策レポート

をプレゼント中!!

1、固定概念がコミュニケーションに及ぼす影響とは?
2、相手との相互関係
3、話を聴く態度と姿勢
4、相手に興味を持っていることを示す方法
5、相手が退屈しない為の3つの意識とは?
6、自分の意思を伝えて相手に動いてもらう為には?
7、「聴く」ことの重要性と結果の違い

読むだけでコミュニケーションのポイントがわかる
「コミュニケーション7つの秘策レポート」
今すぐ登録して無料で手にいれる。

■ 以下にE-mailアドレスを入力し登録ボタンを押してください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓





 

「引寄せ営業の法則」全国発売中!!

★日経ビジネス書ベストセラー週間ランキング 4位

★紀伊國屋新宿本店 週間ランキング1位

★三省堂書店名古屋高島屋店 週間ランキング3位

太田章代

◆◆◆Amazonでの購入できます◆◆◆

⇒ 本のご注文はコチラ