いつもありがとうございます。

人材育成のプロ
ビジネス研修講師

太田 章代です。

部下への指示が上手く伝わらない。

部下が間違った捉え方をする。

という経験はありませんか?

banner

実は、先日の研修で若手社員から

「上司から報告の仕方が悪いといわれるが、

何が悪いか分からない。」

という声が聞かれました。

フムフム・・・で?!

 

私「上司に何が悪いか聞きましたか?」

若手「聞いていません。だって怒っているので
聞けなくて。」

 

上司は、「悪い」だけで伝わっている
つもりになっています。

上司が分かっていても
部下は分かっていないケースです。

 

以前もこんな話あったな~と
思い出しました。

その若手くんは、上司に聞いたら

「自分で考えろ!」

と返され分からないまま
怒られ続けたらしいです・・・

なぜ 上司が言っていることが

部下に伝わらないのか。
考えられる原因は3つ

1:上司と部下の経験&知識の差

2:上司の言葉足らず

3:伝えたあと部下が理解しているか
確認をしていない

 

指示出し → 部下に確認

 

忙しくて、確認を怠ると

後で痛い目にあいます 笑

 

確認をする時には

「分かった?」

「大丈夫?」はNGです。

たいてい

「分かりました」

「大丈夫です」と言います。

 

これは「確認」と言いません。

 

「理解した内容を言ってください」

と口に出して言ってもらうのが

ベストです!!

 

私も新人時代、上司の指示に

「え???何言ってるの?」
理解できなくて、質問をしていました。

部下から質問がこない場合もあるので、

やはり

「確認」ですね!(^^)!

 

伝える技術は上司にとって

たいせつなスキルです。

自分の考えをしっかり
伝えていきましょうね。

お読みいただきありがとうございました。

「経営者・リーダー専門」ビジネス研修講師

感動コミュニケーションクラブ主宰 太田章代

 

感コミ通信に無料メルマガ登録すると

読むだけで(クライアント、社員、家族、親戚・・・)との
コミュニケーション
が劇的に変化する

コミュニケーション7つの秘策レポート

をプレゼント中!!

1、固定概念がコミュニケーションに及ぼす影響とは?
2、相手との相互関係
3、話を聴く態度と姿勢
4、相手に興味を持っていることを示す方法
5、相手が退屈しない為の3つの意識とは?
6、自分の意思を伝えて相手に動いてもらう為には?
7、「聴く」ことの重要性と結果の違い

読むだけでコミュニケーションのポイントがわかる
「コミュニケーション7つの秘策レポート」
今すぐ登録して無料で手にいれる。

■ 以下にE-mailアドレスを入力し登録ボタンを押してください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓





 

「引寄せ営業の法則」全国発売中!!

★日経ビジネス書ベストセラー週間ランキング 4位

★紀伊國屋新宿本店 週間ランキング1位

★三省堂書店名古屋高島屋店 週間ランキング3位

太田章代

◆◆◆Amazonでの購入はこちら◆◆◆

⇒ 本のご注文はコチラ