いつもありがとうございます。

感動コミュニケーションクラブ主宰の太田です。

最近、自己肯定感の低い子どもが多く
自殺が増えているという話を聞きました。

私は何で生まれてきたのだろう・・・
私なんて生きていても何にもならない・・・
子どもだけではなく、大人になっても考えること
ありませんか?

部下が離職するのも、上司がその方の
存在価値を認めず、自己肯定感が低くなったときに
考えるのではないのでしょうか。

banner

私はこの会社にいる必要があるのか・・・
この会社にいてもやる気がでない・・・

「もう辞めたい・・・」

人は会社からも上司からも
認められたいものです。

自分の存在価値があるからこそ
やる気が出てくるのです。

では、部下の存在価値を高める
3つの方法をご紹介します。

①部下の話をしっかり聴く

自分と違う考えでも、それが甘えだったと
しても否定から入らずまずは受け止める

②頑張りを認めてあげる

たとえ成長速度は遅くても
前向きに取り組む姿勢を評価する

③小さな成功体験を積ませ、褒める

成功した瞬間に褒めるのが有効的です。
褒められることにより自己承認できます。

以上3つのことを部下にしていますか?

会社や上司から必要とされていると
分かれば、部下はもっともっと
やる気が出て活躍してくれますよ!

部下の存在価値を認めてあげましょうね(^^♪

お読みいただきありがとうございました。

「経営者・リーダー専門」
ビジネス研修講師 太田章代

 

感コミ通信に無料メルマガ登録すると

読むだけで(クライアント、社員、家族、親戚・・・)との
コミュニケーション
が劇的に変化する

コミュニケーション7つの秘策レポート

をプレゼント中!!

1、固定概念がコミュニケーションに及ぼす影響とは?
2、相手との相互関係
3、話を聴く態度と姿勢
4、相手に興味を持っていることを示す方法
5、相手が退屈しない為の3つの意識とは?
6、自分の意思を伝えて相手に動いてもらう為には?
7、「聴く」ことの重要性と結果の違い

読むだけでコミュニケーションのポイントがわかる
「コミュニケーション7つの秘策レポート」
今すぐ登録して無料で手にいれる。

■ 以下にE-mailアドレスを入力し登録ボタンを押してください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓





2015年9月26日営業コミュニケーション本出版

 

◆◆◆書籍の詳細が気になる方は下のリンクをクリック◆◆◆

⇒ 引寄せ営業の法則とは・・