いつもありがとうございます。

感動コミュニケーションクラブ主宰の太田です。

プレゼンテーションで難しいのが時間調整です。
1時間の持ち時間で、時間オーバーしたり
反対に早く終わってしまったり・・・

そんな経験のある方は準備不足かもしれません。

何度も練習をして時間配分も頭に入れて
おきましょう。

banner

その時必要なのは、用意した資料1枚1枚に
「18:00~18:05」
と記入しておくことです。

そうすることにより、今遅れているのか
進み過ぎているのかが分かり調整できます。

時間がオーバーしそうな時は、
優先順位が高いところが話せなく
ならないように気をつけます。

時間が短くなりそうなときは、
あらかじめネタをいくつか用意して
調整に使います。

例えば、聴講者と簡単なディスカッションや
お題にまつわるクイズなどあると
安心できます。

時間丁度に終わるのもプロの
プレゼンテーターに求められるスキルです。

是非お試しくださいませ~。

お読みいただきありがとうございました。

「経営者・リーダー専門」
ビジネス研修講師 太田章代

 

感コミ通信に無料メルマガ登録すると

読むだけで(クライアント、社員、家族、親戚・・・)との
コミュニケーション
が劇的に変化する

コミュニケーション7つの秘策レポート

をプレゼント中!!

1、固定概念がコミュニケーションに及ぼす影響とは?
2、相手との相互関係
3、話を聴く態度と姿勢
4、相手に興味を持っていることを示す方法
5、相手が退屈しない為の3つの意識とは?
6、自分の意思を伝えて相手に動いてもらう為には?
7、「聴く」ことの重要性と結果の違い

読むだけでコミュニケーションのポイントがわかる
「コミュニケーション7つの秘策レポート」
今すぐ登録して無料で手にいれる。

■ 以下にE-mailアドレスを入力し登録ボタンを押してください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓





2015年9月26日営業コミュニケーション本出版

 

◆◆◆書籍の詳細が気になる方は下のリンクをクリック◆◆◆

⇒ 引寄せ営業の法則とは・・