いつもありがとうございます。

感動コミュニケーションクラブ主宰の太田です。

人前で話すとき、ドキドキして足が震えたり
喉がカラカラになったりしませんか。

これは、自己防衛本能が働いて血液の
循環が良くなり戦闘態勢に入っているそうです。

私がはじめて司会者としてマイクを
握ったときのことです。

「司会者さんマイク確認してください」
と言われて、先輩司会者がいつも
「マイクテスト マイクテスト」
と音量の確認をしているのを見ていたのに、
口から出てきた言葉は
「もしもし もしもし」

「もしもしって~~!」と思いっきり
突っ込まれたことを覚えています(*^^)v

banner

ほどよい緊張は良い仕事をする上でも
大切なことですが、極度の緊張は
自分を見失ってしまうことすらあります 笑(*‘∀‘)

そんなとき、「人」と手の平に書いて
飲み込んだりしていませんか?

私もしたことがありますが、
あまり変わりがなかったような・・・

では緊張を和らげる簡単な方法を
1つご紹介します。

「深呼吸法」です。

緊張している時は、呼吸が浅くなっています。
交感神経が働いているため、
深呼吸して副交感神経を働かせてみます。

緊張している方に
「深呼吸して~~」
と言っても浅い深呼吸になってしまいます。

ですので、空気を吐くことに意識を
向けてみてください。

肺の中の緊張空気を全部出し切る
イメージで空気を吐ききります。

吐ききると、自然と空気が入ってきますので、
深い深呼吸ができます。

そうすると、精神的に落ち着き
極度の緊張がなくなりますよ!

話す前にぜひお試しくださいね~。

お読みいただきありがとうございました。

「経営者・リーダー専門」
ビジネス研修講師 太田章代

 

感コミ通信に無料メルマガ登録すると

読むだけで(クライアント、社員、家族、親戚・・・)との
コミュニケーション
が劇的に変化する

コミュニケーション7つの秘策レポート

をプレゼント中!!

1、固定概念がコミュニケーションに及ぼす影響とは?
2、相手との相互関係
3、話を聴く態度と姿勢
4、相手に興味を持っていることを示す方法
5、相手が退屈しない為の3つの意識とは?
6、自分の意思を伝えて相手に動いてもらう為には?
7、「聴く」ことの重要性と結果の違い

読むだけでコミュニケーションのポイントがわかる
「コミュニケーション7つの秘策レポート」
今すぐ登録して無料で手にいれる。

■ 以下にE-mailアドレスを入力し登録ボタンを押してください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓





2015年9月26日営業コミュニケーション本出版

 

12003279_471095669738419_4755322769824774987_n

⇒ 引寄せ営業の法則とは・・