いつもありがとうございます。

感動コミュニケーションクラブ主宰の太田です。

経営者・リーダーのみなさま~。

はっきり言います。
部下は本音を言いません!

ビジネスではプライベートよりも
本音は少なくなります。

部下との面談の時に
「怒らないから本音を言ってごらん」
と言っていた上司の方がいましたが、
こんなにストレートに聞いたら絶対に
言いません 笑!

だって、会社に居づらくなりますから(*‘∀‘)

部下が上司に思っていることは
ほどんど言わないと思ってください。

banner

では本音を引き出すには
どうしたらいいのでしょうか。

「限定質問」を使いましょう。

 

限定質問とは、YES・NOで
答えることのできる質問法です。

反対を「拡大質問」といいますが、
YES・NOで答えられない質問法です。

例えば
拡大質問「好きな食べ物は何ですか?」
限定質問「焼肉は好きですか?」

「本音を言ってごらん」は拡大質問です。
これだと色々あっても「いえ、特にないです」
と言われてよしです。

あなたが「これからこのやり方でやっていこう」
といったとき、部下が「はい」と返事をしても
反抗的な目をしているときは、

「他に良いやり方はありますか?」
と質問してみましょう。

部下はYES・NOで言いやすくなります。

またそのときの、反応で納得できていない
のか分かるときもあります。

部下は口ほどに目がものを言っています。

納得していないな~と感じたときは
スルーせずに、相手が思っている
だろうことを限定質問してください。

 

何らかの反応で本音がわかりますよ!

お読みいただきありがとうございました。

「経営者・リーダー専門」
ビジネス研修講師 太田章代

 

感コミ通信に無料メルマガ登録すると

読むだけで(クライアント、社員、家族、親戚・・・)との
コミュニケーション
が劇的に変化する

コミュニケーション7つの秘策レポート

をプレゼント中!!

1、固定概念がコミュニケーションに及ぼす影響とは?
2、相手との相互関係
3、話を聴く態度と姿勢
4、相手に興味を持っていることを示す方法
5、相手が退屈しない為の3つの意識とは?
6、自分の意思を伝えて相手に動いてもらう為には?
7、「聴く」ことの重要性と結果の違い

読むだけでコミュニケーションのポイントがわかる
「コミュニケーション7つの秘策レポート」
今すぐ登録して無料で手にいれる。

■ 以下にE-mailアドレスを入力し登録ボタンを押してください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓