いつもありがとうございます。

感動コミュニケーションクラブ主宰の太田です。

プレゼンテーションの時、
あなたはパワポまたはペーパーの資料は
使用しますか?

耳で聴くだけではなく、
目で見る資料があると相手の
理解度はグンと上がります。

ですので、パワポまたはペーパー資料は
あった方がいいですが、
説明する時にあまり頼り過ぎないように
気をつけましょう。

プレゼン注意ポイントを3つご紹介します。

1つめ
パワポ・ペーパーをそのまま読まない。
ポイントを説明して、あとは聴講者に
付加価値がある情報を提供する。

2つめ
パワポ・ペーパーを見過ぎない。
目線は聴講者に向ける。

3つめ
資料をあちこち飛ばさない。
聴講者がどの部分を説明しているか
わかるようにする。

以上3つのポイントでした。

banner

プレゼンは聴講者とのコミュニケーションです。
相手の反応を見て、内容を変えていけたら
いいですね!

お読みいただきありがとうございました。

「経営者・リーダー専門」
ビジネス研修講師 太田章代

 

感コミ通信に無料メルマガ登録すると

読むだけで(クライアント、社員、家族、親戚・・・)との
コミュニケーション
が劇的に変化する

コミュニケーション7つの秘策レポート

をプレゼント中!!

1、固定概念がコミュニケーションに及ぼす影響とは?
2、相手との相互関係
3、話を聴く態度と姿勢
4、相手に興味を持っていることを示す方法
5、相手が退屈しない為の3つの意識とは?
6、自分の意思を伝えて相手に動いてもらう為には?
7、「聴く」ことの重要性と結果の違い

読むだけでコミュニケーションのポイントがわかる
「コミュニケーション7つの秘策レポート」
今すぐ登録して無料で手にいれる。

■ 以下にE-mailアドレスを入力し登録ボタンを押してください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓