いつもありがとうございます。

感動コミュニケーションクラブ主宰の太田です。

スピーチを頼まれたらまず考えるのが
スピーチの内容です。

でも残念ながら人は、自分が興味がある内容を
のぞいては話の内容をほぼ覚えていません。

では何が印象に残るのか。

それは非言語の部分です。

第一印象でも「ぱっと見」の視覚的要素で
この人、こんな人~と評価されています。

話す前に、印象が悪いと話しを聞く気が
なくなります。

banner

例えば、
・マナー講師なのにボロボロの服装
・美容師なのに、髪の毛がボサボサ
・笑顔トレーニングの先生が無表情
など、極端な例をあげましたが
見かけがこれだと大丈夫?と疑います。

・猫背で自信がなさそう
・笑顔がない
・伏目がちに話をする
は、よくあることです。

話しを聞く気になる非言語は
・姿勢(両足に重心をのせ、真っ直ぐ立つ)・身だしなみ(誰から見ても清潔感がある)
・視線(聞き手の目をまんべんなく見る)
・表情(話の内容によりますが、基本は笑顔)
に気を付けてみてください。

まずは、言葉ではなく非言語の部分の
準備も整えて、人前でスピーチをして
みましょう。

お読みいただきありがとうございました。

「経営者・リーダー専門」
ビジネス研修講師 太田章代

 

感コミ通信に無料メルマガ登録すると

読むだけで(クライアント、社員、家族、親戚・・・)との
コミュニケーション
が劇的に変化する

コミュニケーション7つの秘策レポート

をプレゼント中!!

1、固定概念がコミュニケーションに及ぼす影響とは?
2、相手との相互関係
3、話を聴く態度と姿勢
4、相手に興味を持っていることを示す方法
5、相手が退屈しない為の3つの意識とは?
6、自分の意思を伝えて相手に動いてもらう為には?
7、「聴く」ことの重要性と結果の違い

読むだけでコミュニケーションのポイントがわかる
「コミュニケーション7つの秘策レポート」
今すぐ登録して無料で手にいれる。

■ 以下にE-mailアドレスを入力し登録ボタンを押してください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓