いつもありがとうございます。

感動コミュニケーションクラブ主宰の太田です。

「お疲れ様です」は会社で使うのはおかしいのか?
という問題です。

セミナーで受講者の方から

「部下が上司にお疲れ様ですはおかしい」
「疲れてもいない朝からお疲れ様ですはない」
「お疲れ様ですについてどう思いますか?」

という声を耳にします。

少し前にタモリさんが
「撮影現場で子役がやたらと『お疲れ様です』と
あいさつするのはおかしい。
本来、目上の者が目下の者にかける言葉」
という趣旨の発言で、物議を醸していました。

辞書では
「お疲れ様です」は目下から目上に使う
「ご苦労様です」は目上から目下に使う
となっています。

banner

ですので、部下から上司に「お疲れ様です」は
問題ありません。

しかし本来の「お疲れ様です」の意味から
考えると、疲れていないのに・・・と
違和感を持つのも分からないでもないです。

では会社ですれ違う時、何と言えばいいでしょう。

「こんにちは」
もしっくりきません。

「どうも~」
も馴れ馴れしい気がします。
(社風で許されることもあるかも
しれませんが!)

ビジネスではお世話になっていないお客様でも
「お世話になります」
は共通あいさつです。

やはり、社内では疲れていなくても
「お疲れ様です」
で、問題ないのではないかと思います。

目上の方に
「ご苦労様です」
と言うことだけは注意したいですね。

お読みいただきありがとうございました。

経営者・リーダー専門
ビジネス研修講師 太田章代

 

感コミ通信に無料メルマガ登録すると

読むだけで(クライアント、社員、家族、親戚・・・)との
コミュニケーション
が劇的に変化する

コミュニケーション7つの秘策レポート

をプレゼント中!!

1、固定概念がコミュニケーションに及ぼす影響とは?
2、相手との相互関係
3、話を聴く態度と姿勢
4、相手に興味を持っていることを示す方法
5、相手が退屈しない為の3つの意識とは?
6、自分の意思を伝えて相手に動いてもらう為には?
7、「聴く」ことの重要性と結果の違い

読むだけでコミュニケーションのポイントがわかる
「コミュニケーション7つの秘策レポート」
今すぐ登録して無料で手にいれる。

■ 以下にE-mailアドレスを入力し登録ボタンを押してください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓